アミはアミなの!出版!

以前より こっそり拝見していました

「アミはアミなの!」が 「愛犬アミ、世界で一番愛した君へ」として 出版されました!

アミはアミなの!

ブログとして 時折漫画も入り 読みやすくて

しつけのこととか 病気やトラブルなど 参考になることともあり

すっかりファンになっていました。

そんなアミちゃんとの別れ…

ブログを見るたびに涙して 辛かった

でも、でもね!

すごく胸が締め付けられるほど 切なくてどうしようもない衝動にかられることもあったけど

なぜか すごくあたたかく幸せな感じになるのが わかるの

本を 読んでいて

「命の長さは 別の誰かと比べるもんじゃない」

この言葉は あらためて心に響きました。

震災以降 どうしてもいろいろなこと考えてしまって

なかなか前向きになれない自分がいて

そんな自分を責めたり 戒めたり

別れが辛くて 殻に閉じこもってしまったり

ぽぽとドルに 本気で笑顔を見せられない私がいたり

そんな私に 考えさせてくれて

時には優しくしてくれたひとつの 「アミはアミなの!」でした。

以前オフ会で知り合ったお友達が その方とお知り合いで

発売より先に 手にすることができました。

お友達に感謝です!

そして 村上さん アミちゃんに感謝です!

アミちゃん! ありがとうね!

+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+

≪本の買い方について≫
出版社は自社の出した本を置いて欲しい。書店は限られたスペースを売れる本だけで埋めたい。
出版社が営業活動を頑張っても、書店は確実に売れる、つまりすでに売れている本か売れている作家を置くことに集中しがちです。
なので、営業に成功して置けたとしても新人作家の本は一冊程度。
予約が何件か入って初めて、「ん、これは少し入れてもいいかも」になるそうです。
どこかの書店でそれが起こると同じ系列の書店同士で話題になり、他系列で話題になり、とブームは広がっていくそうです。
最初の波は自ら起こすしかない!という事で、ご面倒だとは思いますが、
店頭予約(9月20日過ぎから)、クロネコヤマトブックサービスへの電話注文(0120-29-9625)(10月1日から)、セブンネットショッピング(10月1日から・他のネットショップも同様)のいずれかででご注文下さいませ!


よろしくお願いします!!
スポンサーサイト

ながのパープル♪

まだ アップしてないのですが((^_^;)

お盆休みを利用して 白川郷~長野へ行ってきました♪

去年のゴールデンウィークに立ち寄った

「HAMAフラワーパーク安曇野」にある安曇野商店街

「やおはち」さんの 野菜とか果物が 本当においしくて

ここに寄りたくて 長野周りで帰ることにしたんです☆

行ったときは 「桃」が ずら~っと並んでいて 

ちょっとお高いけど 美味しさは裏切らない「やおはち」さんだから

即購入!

(写真は ないんですが…(-_-;)

お取り寄せもできると 耳にしたので

毎日 Check!

そしたら~まあ~美味しそうな「ぶどう」が!

ずずずら~~~っと並んでいて

しかも ネット販売も始められて!

買うしかないと!

でも 売り切れ。:゚(。ノω\。)゚・。 ウワァーン

でもでも~再入荷の連絡をいただき 

届きましたーーー!

ながのパープル


中身を見たい方は 続きからどうぞ!

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。